どうしても、お花というのが、葬儀の供養には多いなって思います。故人のために、多くの花で飾るのがいいですね。

故人をしのぶ葬儀と法事のマナー

葬儀のち気の供養ってお花かな

故人をしのぶ葬儀と法事のマナー
個人的に、まだ葬儀の時の供養というのはしたことがないですが、父の葬儀の時には、姉妹でたてる花というのをしました。連名での参加だったので、詳細というのは、姉がやってくれたんです。なので、発注とかっていうのは、どうしたのかっていうのはしらないですね。多分葬儀やさんに、言ったらやてもらえるもたいですね。種類というのがあるので、その中から選ぶということになるんでしょうね。それ祭壇の両サイドにたてますね。よく考えると、そういう供養というのは、花が多いなって思います。食べ物とかも、いろいろとあるのですが、やっぱり、お花になるんでしょうね。棺のなかにいれるのは、故人の好きなものというのをいれるかなっていうのはあります。

喪主がわとしては、粗供養というのもそのお葬式のときに渡します。昔は商品券というのが多かったように思うのですが、最近は、お菓子とかタオルというものに変わってきてるなって思います。結構かさばるもののほうがいい感じなんでしょうね。商品券とかにすると、このお葬式に関係ない人もやってきて、それだけもらってかえっていくということもあったので、やめる方向になってるのかもしれません。ご足労をねぎらう意味もこめて、おつやの時と、お葬式の時は違うもののほうがいいですね。りょうほう来られる人もいるので、そういう人のために、ちょっとちがうものほうがいいかなっていう配慮からになるんでしょうね。ひもちのするものになってしまいますね。

オススメのサイト