最近では葬儀の中において供養をしないで他の場面において行うこともあるらしいのです。それに関連した話です。

故人をしのぶ葬儀と法事のマナー

葬儀の中において供養しないこともある

故人をしのぶ葬儀と法事のマナー
みなさんは供養と聞くと、どうしても葬儀の中で行うものである。という考えを持っている人もいるのではないでしょうか。確かに供養は葬儀の中で行うものである。という考えは今の日本においては当たり前のことになっているのかもしれませんね。しかし最近ではそのような供養の常識を覆すようなことが行っているのです。それは一体どのようなことなのでしょうか。今回はそれに関連した話をしたいと思います。最近では供養の方法が人によって大きく異なっているようなのです。私の知人の父親の話なのですが、供養の方法がまるでドラマのワンシーンのようなことだったのです。その知人の父親は本当に海外旅行が好きだったのです。ですから自分が行った場所で供養をして欲しいということを遺言書に書いていたらしいのです。しかもそれは一箇所ではなく3箇所あったらしいのです。ですから供養の際には遺骨としたあとに、行ったのです。その中で私も一箇所同行しました。そこは海だったのですが、確かに魅力的な風景が広がっていました。そこで遺骨をまいたのです。そしてそこでお祈りをして、供養を終えました。

確かに遺骨となっても葬儀で簡単に供養されるよりは自分自身が好んでいた地域において供養をされた方が幸せなのかもしれませんね。私自身も供養を行う際にはそのような方法を用いてもらった方が嬉しいかもしれませんね。これから自分なりの供養をして欲しいと思っている人が増加するのかもしれませんよ。